【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、5回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年10月14日 14:00~17:30

第135回次世代大学教育研究会(@函館)

会場:独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 中講義室
〒042-0953 北海道函館市戸倉町14−1

参加予定者の意気込み

2017年11月18日 13:00~18:00

第136回次世代大学教育研究会(@金沢)★変更あり

会場:富士通北陸支社 15階大会議室
〒920-0856 石川県金沢市昭和町16-1 ヴィサージュ

参加予定者の意気込み

2017年12月9日 14:30~18:00

第137回次世代大学教育研究会(@松山)

会場:愛媛大学
〒790‐8577 松山市文京町3番

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

レポート開催情報

2016/11/20 第123回次世代大学教育研究会(@長崎)

テーマ「学生は何を学んでいるのか? ~非認知的能力としての生きる力と学習効果~」
「創成館が育成する『生きる力』」(仮)
奥田修史(創成館高等学校・理事長・校長)
野里順一(創成館高等学校・教頭)
今里大樹(創成館高等学校・教諭)

「高大接続としての学習成果と課題」
家本修(大阪経済大学)

「21世紀型スキルの学習と学習効果の測定に関する一考察.enPiTを例にして」
山本雅基(大阪大学)

「初年次学生の前期学業によるメタ認知の変化について」
丹羽量久(長崎大学)

「特性的自己効力感尺度の変化でみる学習効果
 ~阪井ゼミ学生による東北大震災復興支援活動~」
阪井和男(明治大学)
https://dl.dropboxusercontent.com/u/12166972/ne123
-nagasaki-self_efficacy-20161120.pdf

「社会力と芸術という専門性の罠について」
有賀三夏(東北芸術工科大学)

開催情報

開催日時 2016年11月20日(日)14:00~18:00
会場 創成館高等学校
〒854ー0063 長崎県諫早市 貝津町621番地
地図
参加費 無料(情報交換会は実費;希望者のみ)
内容

共催:NPO法人 学習分析学会、明治大学サービス創新研究所、早稲田大学情報教育研究所、情報コミュニケーション学会

テーマ「学生は何を学んでいるのか? ~非認知的能力としての生きる力と学習効果~」

「創成館が育成する『生きる力』」(仮)
奥田修史(創成館高等学校)

「高大接続としての学習成果と課題」
家本修(大阪経済大学)

「21世紀型スキルの学習と学習効果の測定に関する一考察.enPiTを例にして」
山本雅基(大阪大学)

「初年次学生の前期学業によるメタ認知の変化について」
丹羽量久(長崎大学)

「特性的自己効力感尺度の変化でみる学習効果」(仮)
阪井和男(明治大学)

「社会力と芸術という専門性の罠について」
有賀三夏(東北芸術工科大学)

★開始時間は仮です(変更の可能性あり)★

【情報交換会】
日本海庄や 長崎駅前店 (050-5877-7949)
長崎市大黒町10-10 KOKOROビル1・2階(長崎駅のすぐ近くです)
予約名:丹羽量久,人数:10名,開始時刻:19時~
コース: 期間限定!熊本復興支援コース2時間飲み放題付4000円(税込)

※発表申し込みを受付中です.
発表ご希望の方は,下記宛にご連絡ください.
sakaiあっとまーくmeiji.ac.jp