【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、3回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年12月9日 14:00~18:30

第137回次世代大学教育研究会(@松山)★変更あり

会場:愛媛大学 城北キャンパス 交友会館2Fサロン
〒790‐8577 松山市文京町3番

参加予定者の意気込み

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学法文101教室
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

参加予定者の意気込み

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

開催情報

2016/02/13 早期キャリア教育の課題解決・研究会

活動レポートはありません。

開催情報

開催日時 2016年2月13日(土)10:30~13:00
会場 明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント7階 C4会議室
東京都千代田区神田駿河台2-1
地図
参加費 無料
内容

主催:明治大学社会イノベーション・デザイン研究所
共催:明治大学サービス創新研究所、NPO法人 学習分析学会

【開催趣旨】
Why Work? プロジェクトは、昨年来、若年層人材に対する職業教育環境の停滞と職業選択の自由の閉塞状況について、調査・研究活動と関係領域の専門家を招請しての勉強会を重ねてきました。
■キャリア教育コンテンツとしてのエクスターンシップ
★異文化コミュニケーション学習×就業経験学習
ひとつの実践的な解決として、企業ベースで展開されてきたインターンシップの一定の成果を継承しつつ、「地域経済社会ベースのインターンシップ」の教育プログラム化と大学の職業教育プロセスへの導入を提起していきたいと考えております。
■信州エクスターンシップ
★地域経済社会の職業教育・職業開発パワーと大学のキャリア教育の結合
また並行して、地域経済社会と農業セクターに対して、その職業教育・職業開発ポテンシャルを活かした、若年層人材還流政策への取り組みを提案してきました。
まだまだ、小規模の実証実験レベルではありますが、長野県の2016年度事業として「信州エクスターンシップ」が実施される見通しとなりました。

■パネルディスカッション
「地域経済社会ベースのエクスターンシップについて」
 ~キャリア教育としての信州インターンシップの可能性~

[パネラー]
池田啓実(高知大学教授)
阪井和男(明治大学教授)
川井真(JA共済総研・主席研究員)
吉澤潔(明治大学社会イノベーション・デザイン研究所/事務局長)

【ディスカッションの予定項目】

(1)職業教育プログラム「エクスターンシップ」仮説について
 ・キャリア教育効果
 ・若年層人材に対する職業的解放効果
 ・地域社会人材・農業セクター人材の開発効果・還流効果
(2)長野県事業[信州エクスターンシップ]企画を素材とする実践的な検討
(3)大学のキャリア教育・就職支援プロセスへの導入のための要件の検討
(4)学生にとって魅力ある学習機会・インターンシップ機会とするためのパッケージ要件

【参照資料】
JA共済総合研究所「JA共済総合研究」71号(2015年9月)
吉澤潔・阪井和男・川井真,『農業セクターへの若年層人材還流について』
http://www.jkri.or.jp/PDF/2015/sogo_71_k
awai.pdf

[PDF 2.5MB]