【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、9回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年6月17日 15:00~18:30

第131回次世代大学教育研究会(@神戸)★場所変更の可能性有

会場:神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス D号館アクティブスタジオ(B号館に変更の可能性あり)
〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3

参加予定者の意気込み

2017年7月15日 10:30~20:30

第132回次世代大学教育研究会(@東京) ・日本ビジコミ学会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

参加予定者の意気込み

2017年8月22日 14:00~17:30

第133回次世代大学教育研究会(@松本)

会場:信州大学
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

2017年9月9日 14:00~18:00

第134回次世代大学教育研究会(@高知)

会場:高知大学地域協働学部

2017年10月14日 14:00~17:30

第135回次世代大学教育研究会(@函館)

会場:函館市内

2017年11月18日 14:00~17:30

第136回次世代大学教育研究会(@金沢)

会場:金沢大学

2017年12月9日 14:00~17:30

第137回次世代大学教育研究会(@松山)

会場:愛媛大学
〒790‐8577 松山市文京町3番

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

レポート開催情報

2016/06/16 アカデミック・コーチング学会2016年第3回研究会★ビル変更

木内敬太, 「コーチング研究に必要な統計解析のイロハ」, 2016年6月16日.
https://dl.dropboxusercontent.com/u/12166972/prese
n-ac-kiuchi-statistical%20analysis-20160616.pdf


◎本日の阪井和男が発したコメントの出展情報について。

■芸術の教育効果
「科学・技術・工学・数学(STEM)を専攻し1990年から1995年にMSU優等コース(学内でも特に成績優秀な生徒のためのコース)を卒業したグループを調査した。すると、そのグループで会社を経営していたり特許を持っている人は、子どもの頃に芸術に触れていた確率が一般の人々よりも8倍以上高かった。」

【参考文献】
[1] 「我が子をエジソンにする方法」, EurekAlert, 2013年10月28日. http://www.nutritio.net/linkdediet_all/FMPro?-db=N
EWS12.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay
&KibanID=42124&-find

[2] Rex LaMore, Robert Root-Bernstein, Michele Root-Bernstein, John H. Schweitzer, James L. Lawton, Eileen Roraback, Amber Peruski, Megan VanDyke, Laleah Fernandez, "Arts and Crafts - Critical to Economic Innovation", Economic Development Quarterly, vol. 27, no. 3, pp. 221-229, August 2013. http://edq.sagepub.com/content/27/3/221.abstract

■野外活動の性格検査への影響
 本日講演者にお持ちいただいた書籍(村上宣寛, 2006年)には、次の2つの効果が指摘されています。
1.「パス係数やモデル適合度は、自然体験活動が性格に影響を及ぼすというモデルが適切であることを示した」(村上宣寛, 2006年, p. 127)
2.「共分散構造分析の威力を思い知らされた。自然体験活動を多く行なうと,外向的で知的好奇心に富む性格になると結論してもよい」(村上宣寛, 2006年, p. 127)

【参考文献】
[3] 村上宣寛, 『心理尺度のつくり方』, 北王子書房, 2006年9月10日.

_

_

開催情報

開催日時 2016年6月16日(木)19:00~20:45
会場 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー13階 1133教室★変更
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2丁目1
地図
参加費 無料
内容

◆主 催◆
明治大学サービス創新研究所/アカデミック・コーチング学会/NPO法人学習分析学会/次世代大学教育研究会/次世代看護教育研究会/次世代英語教育研究会

今回の研究会は、『コーチング心理学概論』の執筆者でもあり、博士号を取得されたばかりの木内敬太先生をお迎えし、「コーチング研究に必要な統計解析のイロハ」をお送りします。

実は量的研究の世界は、この統計解析の知識さえ理解していれば、それほどハードルの高いものではありません。コーチング研究としては一見やさしそうな質的研究の落とし穴と、むしろ研究論文が書きやすい量的研究の実践のために必要な「統計解析のイロハ」を御紹介します。

◆テーマ◆
  コーチング研究に必要な統計解析のイロハ

◆講 師◆
  木内敬太(高崎商科大学 非常勤講師)

◆コーディネーター◆
  本間正人(アカデミック・コーチング学会会長、京都造形芸術大学 教授)

◆プログラム◆
 ・研修の目的
   -サイエンティスト・プラクティショナーを増やしたい
   -多くの実践家に研究論文を書いてもらいたい
 ・質的(記述的)研究と量的(実証的)研究
   -質的研究の落とし穴
   -量的研究の魅力
   -データを収集して集計するだけでは研究とは言えない
 ・量的研究の手順と実際
   -仮説を立てる
   -測定方法を決める
   -測定する
   -分析する
   -結果を解釈する
 ・統計ソフトの話
   -Excel、Excel統計、R(アール)、SPSS

※当日の進行で変更になる場合があります。
    
◆参 加 費◆ 
  無料

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:お知らせ:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:

アカデミック・コーチング学会のWeb Siteを
開設いたしました♪
http://academic-coaching.org/

産声を上げたばかりのサイトです。
これから少しずつ中身を充実させてゆく予定です。
今後の成長をお楽しみに!
※学会入会をご希望の方は、facebookページで学会の会則をご確認の上、お申し込みください。
https://www.facebook.com/academicalcoach
ing


◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇: