【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、5回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年10月14日 14:00~17:30

第135回次世代大学教育研究会(@函館)

会場:独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 中講義室
〒042-0953 北海道函館市戸倉町14−1

参加予定者の意気込み

2017年11月18日 13:00~18:00

第136回次世代大学教育研究会(@金沢)★変更あり

会場:富士通北陸支社 15階大会議室
〒920-0856 石川県金沢市昭和町16-1 ヴィサージュ

参加予定者の意気込み

2017年12月9日 14:00~17:30

第137回次世代大学教育研究会(@松山)

会場:愛媛大学
〒790‐8577 松山市文京町3番

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

開催情報

2017/03/22 電子情報通信学会 2017年総合大会TL特別企画

活動レポートはありません。

開催情報

開催日時 2017年3月22日(水)13:00~17:00
会場 名城大学天白キャンパス(名古屋市)
〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501
地図
参加費 お申込みは学会へどうぞ(参加費が必要です)。
内容

電子情報通信学会2017年総合大会TL特別企画セッション

「多重知能理論シンポジウム 〜日本における多重知能理論の展開と未来〜」
"Theory of multiple intelligences - Recent directions and future perspectives in Japan -"

後援:
NPO法人 学習分析学会、明治大学サービス創新研究所、早稲田大学情報教育研究所、情報コミュニケーション学会

2017年3月22日(13:00〜17:00)
名城大学天白キャンパス(名古屋市)
〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501
交通アクセス→ http://www.meijo-u.ac.jp/about/access/in
dex.html

キャンパスマップ→ http://www.meijo-u.ac.jp/about/access/in
dex.html


オーガナイザ1情報
(11)オーガナイザ名:鈴木 雅実
 勤務先:KDDI総合研究所
 部署名:教育・医療ICTグループ

オーガナイザ2情報
(12)オーガナイザ名:阪井 和男
 勤務先:明治大学
 部署名:法学部

(17) 和文提案趣旨
 ハワード・ガードナー(ハーバード大学)教授が提唱した多重知能理論は、概念モデルとしての扱いやすさのために、アジアを含む世界中で教育や人材育成・ビジネスへ展開されています。日本では諸外国に比べると普及が遅れていましたが、最近、高校の英語教科書『Prominence』(東京書籍)で取り上げられ、日本の教育界にも知られ始めてきました。そこで、日本における多重知能理論の先駆者たちをお呼びして、日本独自の新しい展開と未来を見通してみます。

(17) 英文提案趣旨
 Multiple Intelligences theory proposed by Howard Gardner (Professor of Harvard University) has been deployed to education as well as to human resource development and business, thanks to its ease of handling as a conceptual model, all over the world including Asia. In Japan, though it seemed to be slow in spreading as compared to other countries, recently the topic has been featured in a high school English textbook "Prominence (Tokyo Shoseki) to begin to be known in Japanese educational communities. So, we would like to invite the pioneers of the theory of multiple intelligences in Japan, with aiming at forecasting the possibilities of Japan's own new deployment in the future.

(18) タイトル 講演時間(分)
1:多重知能理論の魅力と芸術思考への展開 30
2:多重知能理論の日本への導入とその歴史 30
3:多重知能理論を活かした教育改革 30
4:多重知能アンケートシステムの開発と運用 30
5:日本発の創造的思考法との統合を目指して 30

講演者 姓名/所属・部署
1:有賀 三夏/東北芸術工科大学/ariga.minatsu@aga.tuad.ac.jp
2:石渡 圭子/横浜国立大学/keikoishiwata@gmail.com
3:小林 和雄/福井大学/kobaykk@yahoo.co.jp
4:大島 伸矢/株式会社プライム・ラボ/oshima@primelabo.jp
5:國藤 進/北陸先端科学技術大学院大学/kuni@jaist.ac.jp

(19)座長挨拶:有 10分
(20)休憩時間1:講演順番 3〜4の間 15分
(21)休憩時間2:講演順番 5〜6の間 15分
(23)討論 :有
   討論名:パネル討論 討論時間:50分

2017年電子情報通信学会総合大会(2017年3月22~25日、名城大学(名古屋市))
http://www.ieice-taikai.jp/2017general/j
pn/