【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、14回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2018年2月24日 13:30~16:30

サービス創新研究会・第139回次世代@明治大学

会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー11階1113教室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1

2018年3月18日 11:10~17:30

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

2018年4月21日 13:00~18:00

第141回次世代大学教育研究会@京都

会場:京都工芸繊維大学 ノートルダム館 K202(地図では東3号館と記載)
〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町

2018年5月19日 14:00~18:00

第142回次世代大学教育研究会@長崎

会場:長崎大学 ICT基盤センター セミナールーム
〒852-8521 長崎市文教町1-14 文教キャンパス

2018年6月16日 13:00~18:00

第143回次世代大学教育研究会@神戸

会場:神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス D号館アクティブスタジオ3F(予定)
〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3

2018年7月21日 13:00~18:00

第144回次世代大学教育研究会@博多★変更

会場:株式会社ディスコ西部支社会議室
〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-10-4 第二博多偕成ビル7F

2018年8月20日 14:00~18:00

第145回次世代大学教育研究会@松本★日程未定

会場:信州大学松本キャンパス 全学教育機構南校舎40番教室(予定)
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

2018年9月22日 14:00~18:00

第146回次世代大学教育研究会@庄内(予定)

会場:秋田県庄内地方(予定)
未定

2018年10月13日 14:00~18:00

第147回次世代大学教育研究会@函館★日程調整中

会場:独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 中講義室(予定)
〒042-0953 北海道函館市戸倉町14−1

2018年11月10日 14:00~18:00

第148回次世代大学教育研究会@金沢★日程・場所調整中

会場:未定
未定

2018年12月8日 14:00~18:00

第149回次世代大学教育研究会@松山

会場:愛媛大学 城北キャンパス 交友会館2Fサロン(予定)
〒790‐8577 松山市文京町3番

2019年1月6日 14:00~18:00

第150回次世代大学教育研究会@那覇

会場:琉球大学法文101教室(予定)
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2019年2月23日 14:00~18:00

第151回次世代大学教育研究会@明治大学

会場:明治大学駿河台キャンパス(予定)
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1

2019年3月17日 14:00~18:00

第152回次世代大学教育研究会@早稲田大学

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室(予定)
〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1

開催情報

2010/10/09 第51回次世代大学教育研究会

活動レポートはありません。

開催情報

開催日時 2010年10月9日(土)15:00~18:00
会場 愛媛大学城北キャンパス 校友会館2階
地図
参加費 無料(懇親会は実費)
内容

・大学までのアクセス http://www.ehime-u.ac.jp/access/johoku/i
ndex.html

・大学内の会場の位置 http://koyu.ehime-u.jp/other/address.htm

・松山空港フライト情報 http://www.matsuyama-airport.co.jp/conte
nts/flight/?cat=3


主催: 次世代大学教育研究会
企画: 愛媛大学教育学部・富田英司研究室

大会テーマ:ウィキノミクス時代のICT教育システム開発環境

企画概要:
近年,携帯電話やPCを活用した様々なソフトウェアやシステムが開発・販売され,大学教員にとって扱いやすい便利なツールが容易に活用できるようになってきている。また,大学組織レベルで学習管理システムを導入した大学も相当数に上っている。他方,ICT一般における現在の大きなトレンドは,iOSやFreeBSDといった共通のオープンなフォーマットの上で開発者とユーザーが相互相乗りして開発が進んでいるということである。このように現在繁栄しているフォーマットが,ウィキノミクス(Tapscott & Williams, 2006)の原理(「オープン性」「ピアリング」「共有」「グローバル展開」)を特徴としていることから,Eラーニングや学習マネジメントにおいても同様な特徴を持つシステムがこれから大きく成長していくのではないだろうか。このような動きはEラーニングにおいても,moodleというオープンソース・ソフトウェアの普及という形で表れているが,その展開はまだ部分的なものに過ぎない。そこで今回の次世代大学教育研究会では,教育者がそれぞれのニーズに応じて市販のシステムに改良を加えたり,それらの蓄積が新たなシステム開発に繋がったりといったダイナミックなICT教育システム開発環境の実現のために,どのような具体的展開の可能性があるか探ることとしたい。

プログラム:

「Open Source LMSを軸とする産学連携に向けて(仮)」
田村恭久(上智大学)

「学習管理法『eコックピット』の構想
 ~日本語プログラミング言語による実装をめざして~」
阪井和男(明治大学)・栗山健(学研ホールディングス)

「インストラクタの課題」
家本修(大阪経済大学)
 概要:インストラクタは単に技術的指導の伝達(否)、理解と有効な活動を実施、理解と嗜好のモチベーション、指導方法の有効について検討

「e-learning は『きょうどう学習』にどのような solution を提供するのか?」
坪田康(京都大学)・前坊香菜子(早稲田大学)・原田康也(早稲田大学)・壇辻正剛(京都大学)

「オープンソースLMSの今後の可能性について(仮)」
佐々木隆志(愛媛大学)

懇親会