【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、9回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年6月17日 15:00~18:30

第131回次世代大学教育研究会(@神戸)★場所変更の可能性有

会場:神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス D号館アクティブスタジオ(B号館に変更の可能性あり)
〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3

参加予定者の意気込み

2017年7月15日 10:30~20:30

第132回次世代大学教育研究会(@東京) ・日本ビジコミ学会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

参加予定者の意気込み

2017年8月22日 14:00~17:30

第133回次世代大学教育研究会(@松本)

会場:信州大学
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

2017年9月9日 14:00~18:00

第134回次世代大学教育研究会(@高知)

会場:高知大学地域協働学部

2017年10月14日 14:00~17:30

第135回次世代大学教育研究会(@函館)

会場:函館市内

2017年11月18日 14:00~17:30

第136回次世代大学教育研究会(@金沢)

会場:金沢大学

2017年12月9日 14:00~17:30

第137回次世代大学教育研究会(@松山)

会場:愛媛大学
〒790‐8577 松山市文京町3番

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

レポート開催情報

2012/08/25 第72回次世代大学教育研究会

株式会社ディスコ本社ビルにて開催


大島直樹(山口大学)
大学の学習支援システムにおけるクラウドの位置づけと役割

http://www.slideshare.net/nextedujimu/ohshima-2012
0825



東博暢(日本総研)
教育情報化推進が社会システムに与える影響について

http://www.slideshare.net/nextedujimu/higashi-2012
0825



高野雅之(明治大学)
現場から創発するイノベーション ~お客様センターから経営幹部への業務報告を通して~

http://www.slideshare.net/nextedujimu/takano-20120
825



内藤 隆・阪井和男(明治大学)
グループ討議における課題提起者の自己開示プロセスのリバーサル理論による解釈

http://www.slideshare.net/nextedujimu/naitou-sakai
-20120825



開催情報

開催日時 2012年8月25日(土)15:00~17:30
会場 株式会社ディスコ(東京・飯田橋)8階第1会議室
東京都文京区後楽2-15-1
地図
参加費 無料(情報交換会は実費;希望者のみ)
内容

共催:NPO法人人材育成マネジメント研究会

14:30 開場
※当日、1階正面玄関は自動ドア設置工事が行われていますので、反対側の入り口(ビル中央部分)にお回りください。

15:00-

発表者1:大島直樹(山口大学)
タイトル:大学の学習支援システムにおけるクラウドの位置づけと役割(仮)
概要:
日本の大学におけるクラウドの活用は遅々として進んでいませんが、いずれは避けることができないものと思います。今後、日本経済は縮小する局面にあります。
高度経済成長を前提としたビジネスモデルが成立しないことは明白であり、大学もその例外ではありません。
そのため、大学が果たすべき本来のミッションは質の高い教育と研究を推し進めることであるのは当然として、さらにリソースの選択と集中を迫られています。
このような観点に立つと、いち早くクラウドサービスを取り入れて教育コスト(ヒト、モノ、カネ)の効率化に取り組んだ教育機関が生き残りを図ることができると考えられます。
最近では、大学メールサービスをクラウドに移行する事例が増えているのはその現れと言えます。
本発表では、クラウドと大学教育の融合によってもたらされる教育環境の変化について考察したいと思います。

発表者2:東博暢(日本総研)
タイトル:教育情報化推進が社会システムに与える影響について

発表者3:高野雅之・阪井和男・内藤隆・小林広尚(明治大学)
タイトル:現場から創発するイノベーション ~お客様センターから経営幹部への業務報告を通して~

発表者4:内藤 隆・阪井和男(明治大学)
タイトル:グループ討議における課題提起者の自己開示プロセスのリバーサル理論による解釈

終了後、情報交換会(実費;希望者のみ)