【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、8回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年7月15日 10:30~20:30

第132回次世代大学教育研究会(@東京) ・日本ビジコミ学会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

参加予定者の意気込み

2017年8月22日 14:00~17:30

第133回次世代大学教育研究会(@松本)

会場:信州大学
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

2017年9月9日 14:00~18:00

第134回次世代大学教育研究会(@高知)

会場:高知大学地域協働学部

2017年10月14日 14:00~17:30

第135回次世代大学教育研究会(@函館)

会場:函館市内

2017年11月18日 14:00~17:30

第136回次世代大学教育研究会(@金沢)

会場:金沢大学

2017年12月9日 14:00~17:30

第137回次世代大学教育研究会(@松山)

会場:愛媛大学
〒790‐8577 松山市文京町3番

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

レポート開催情報

2013/11/22 ICHE2013(第88回次世代大学教育研究会)

ハワイ大学マノア校にて開催

Clifford H.Clarke (International Management Consultant, Educational Program Evaluator, and Affiliate Graduate Faculty, University of Hawaii)
Naomi Takashiro (4th year PhD student in Educational Psychology, University of Hawaii)
”Becoming Interculturally Competent in the Global Society”


Kenichi Nagaya
NETMAN Corporation CEO
"How did a local town succeed in education ?
Case of an elementary school in Takeo City"

Kazuo Sakai†, Takashi Naito‡, Kenichi Mori‡*, Takako Mori‡*, Ken Kuriyama**, Takayuki Nakagawa***
†Meiji University, School of Law, ‡Meiji University, Service Innovating Laboratory, *Third Stage Company Co., Ltd., **Gakken Educational Research Institute, ***General Incorporated Association of Japanese Ceremony
"Fluctuation of Innovations Characterizing the Activities of High-Performance Teams
- Visualization of Innovation Processes in terms of Innovation Diagram -"
阪井 和男†, 内藤 隆‡, 森 憲一‡*, 森 貴子‡*, 栗山 健**, 中川 貴之***
†明治大学法学部, ‡明治大学サービス創新研究所, *(株)サードステージカンパニー, **学研教育総合研究所, ***一般社団法人日本儀礼協会
「ハイパフォーマンスチームの活動を特徴づけるイノベーションのゆらぎ
~イノベーション・ダイアグラムによるイノベーション・プロセスの可視化~」
https://dl.dropboxusercontent.com/u/12166972/ne88-
ICHE2013-Fluctuation_of_Innovations-20131122.pdf


開催情報

開催日時 2013年11月22日(金)13:30~17:00
会場 CC 203E
Manoa Campus, USA Campus Center in Hawaii University
地図
参加費 無料(情報交換会は実費;希望者のみ)
内容

共催:NPO法人 人材育成マネジメント研究会,明治大学サービス創新研究所

International Conference on Higher Education for the Next Generation in Honolulu 2013

English Version:
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1216
6972/iche2013-ne88-hawaii.pdf


1. Schedule
Nov 22, 2013 Friday in Hawaii University , Manoa Campus, USA
Campus center in Hawaii University (CC 203E)
http://www.hawaii.edu/campuscenter/

Nov 22, 2013 Friday
Registration :1230―1330
Announce :1330
Opening Greeting : 1350 -
Meeting Greeting : 1400 –
Research Presentation 1410-
10 minutes/person
Break 1700-
Free Meeting 1900-
Nov 23, 2013 Saturday
Inspection Meeting : 1000-1600
Closed Greeting :1600

2. Theme
・Teaching methods or educational content, lead to the next generation.
・It relates to a method and logic of discovery and invention and innovation.
・Language and education, those on the effects and new teaching methods of skill.
・Which lead to social reform of the next generation?
・Or how about recommendations on organization and management of the following.
・About the substantive ideas and products and lead to reform.
2. 研究会テーマ
 1. 次の世代につながる教育内容、あるいは教育方法
 2. イノベーションや発見や発明の論理や方法に関するもの
 3. 言語教育や、skillの新たな教育方法や効果に関するもの
 4. 次の世代の社会的改革につながるもの
 5. 次の経営や組織に関する提言や方法について
 6. 改革につながる製品やその構想や実証性について
などなどです。

3. Language
English or Japanese
3. 公用語
英語、日本語
ただし、日本語の場合は、英文資料を配布のこと
言語に拘る必要はありません!!

4. Linking etc.
4.0. Venue costs, will be collected in local participation costs ¥ 3000 / people about.
4.1.Presentation materials
English-Japanese statement about 4 pages A4 size (PPT available)
In the case of published in Japanese, and that English is also shown
Accepted on distribution and to bring to the announcement
4.2. Paper print collection
A4-size page 4 two-column
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1216
6972/ne-report-template.docx

4. 参加条件等
4.0. 会場費として、参加費¥3000/人程度を現地にて徴収させていただきます。
4.1. 参加条件
参加者は11月21日午後か22日午前中にホノルル到着のこと
11月23日以降は自由解散です。
4.2. 発表資料
A4版4ページ程度の英和文(PPT可)
日本語で発表の場合は、英語も併記すること
発表時に持参して配布で可
4.3. 論文プリント集
A4版4ページ2段組
サンプルファイルをご利用ください。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1216
6972/ne-report-template.docx

家本の方で作成します。
提出先:家本修 iemoto@osaka-ue.ac.jp
期限:2013年10月末日

5. Main announcement schedule person
5. 発表予定者一覧

Osamu Iemoto (Osaka University of Economics)
"Creative talented people's training and method"
家本修(大阪経済大学)
「創造的人材の育成と方法」

Clifford H.Clarke (International Management Consultant, Educational Program Evaluator, and Affiliate Graduate Faculty, University of Hawaii)
Naomi Takashiro (4th year PhD student in Educational Psychology, University of Hawaii)
”Becoming Interculturally Competent in the Global Society”

Kenichi Nagaya
NETMAN Corporation CEO
"How did a local town succeed in education ?
Case of an elementary school in Takeo City"
永谷研一
株式会社ネットマン代表取締役社長
「武雄市の iPad 利活用教育に学ぶ
なぜうまくいくのか、そしてどこへ行くのか 」

Kazuo Sakai†, Takashi Naito‡, Kenichi Mori‡*, Takako Mori‡*, Ken Kuriyama**, Takayuki Nakagawa***
†Meiji University, School of Law, ‡Meiji University, Service Innovating Laboratory, *Third Stage Company Co., Ltd., **Gakken Educational Research Institute, ***General Incorporated Association of Japanese Ceremony
"Fluctuation of Innovations Characterizing the Activities of High-Performance Teams
- Visualization of Innovation Processes in terms of Innovation Diagram -"
阪井 和男†, 内藤 隆‡, 森 憲一‡*, 森 貴子‡*, 栗山 健**, 中川 貴之***
†明治大学法学部, ‡明治大学サービス創新研究所, *(株)サードステージカンパニー, **学研教育総合研究所, ***一般社団法人日本儀礼協会
「ハイパフォーマンスチームの活動を特徴づけるイノベーションのゆらぎ
~イノベーション・ダイアグラムによるイノベーション・プロセスの可視化~」

( Be careful of the newest program.)
以上