【次世代大学教育研究会】-powerd by chiegumi.jp

【次世代大学教育研究会】

今後、8回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2017年7月15日 10:30~20:30

第132回次世代大学教育研究会(@東京) ・日本ビジコミ学会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

参加予定者の意気込み

2017年8月22日 14:00~17:30

第133回次世代大学教育研究会(@松本)

会場:信州大学
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

2017年9月9日 14:00~18:00

第134回次世代大学教育研究会(@高知)

会場:高知大学地域協働学部

2017年10月14日 14:00~17:30

第135回次世代大学教育研究会(@函館)

会場:函館市内

2017年11月18日 14:00~17:30

第136回次世代大学教育研究会(@金沢)

会場:金沢大学

2017年12月9日 14:00~17:30

第137回次世代大学教育研究会(@松山)

会場:愛媛大学
〒790‐8577 松山市文京町3番

2018年1月6日 14:00~17:30

第138回次世代大学教育研究会(@那覇)

会場:琉球大学
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1

2018年3月18日 14:00~18:00

第140回次世代+日本ビジネスコミュニケーション学会大会

会場:早稲田大学8号館3階303/304/305会議室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

レポート開催情報

2016/05/07 第117回次世代大学教育研究会(@大阪)★日程・時間変更

_

_

坪田康(京都工芸繊維大学)・名塩征史(静岡大学)・
工藤由美子(明治大学サービス創新研究所/QQEnglish)

https://dl.dropboxusercontent.com/u/10337058/%E5%A
4%96%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%
E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81
%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AD%A6%E7%BF%92%E
8%A8%98%E9%8C%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%A4%9C%E8%A8%
8E%EF%BC%88%E7%B6%9A%EF%BC%89%EF%BC%A0%E5%A4%A7%E9
%98%AA%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%A4%A7%E5%AD%A6%EF%BC%8
8%E9%85%8D%E5%B8%83%E7%94%A8%EF%BC%89.pdf

_

_

_

開催情報

開催日時 2016年5月7日(土)14:00~17:00
会場 大阪経済大学D館45教室(D館4階)
〒533-8533 大阪市東淀川区大隅2-2-8
地図
参加費 無料(情報交換会は実費;希望者のみ)
内容

上記地図の04番です。 04と05の間の道路に正門があります。
大阪経済大学周辺マップ
http://www.osaka-ue.ac.jp/profile/access
/areamap/index.html

・阪急京都線「上新庄」駅、徒歩約15分
・地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」駅、徒歩約2分
・市バス「大阪経大前」「大経大正門」下車すぐ

=============
共催:NPO法人 学習分析学会、明治大学サービス創新研究所、早稲田大学情報教育研究所、情報コミュニケーション学会

14:00-14:30 「学習意欲の向上への試みへ~大学の学習崩壊から~」
家本修(大阪経済大学)

14:30-15:00 「短期大学生の情報教育に関する調査について」
金井猛徳(大阪経済大学)

15:00-15:15 休憩

15:15-15:45 「外国語スピーキング活動における学習記録の検討(続)」
坪田康(京都工芸繊維大学)・工藤由美子(明治大学サービス創新研究所/QQイングリッシュ)

15:45-16:15 「足場かけと足場外し:日本人英語学習者のインタラクション(相互行為)を通じた自律的相互学習プロセス解明を目指して」
原田康也(早稲田大学)・森下美和(神戸学院大学)

16:15-16:30 休憩

16:30-17:00 ドキュメンタリー連動企画「一年183日室内留学プロジェクト:英語学習の成長物語を求めて」
阪原 淳(明治大学サービス創新研究所 客員研究員/株式会社Good People 代表取締役)

17:00-17:30 「ゲーミフィケーション理論およびパターンランゲージを使用した労働意欲喚起プログラムの作成に関する研究。Study on the creation of the labor Motivation program using Gamification theory and pattern language.」
朝尾 伴啓(サラヤ株式会社 商品開発本部 技術顧問/株式会社ディーアンドエーシステムズ 代表取締役)


※終了後に情報交換会を開催します。
 参加ご希望の方は会へのお申し込みの際に参加の意志をご表明ください。